はじめに | もくじ | 使い方について | 索引 | 編集後記

障害者手帳をもらいたい
HOME > 毎日の暮らしのなかで > 障害者手帳をもらいたい

障がいの種類に応じて、次のような手帳があります。手帳を持つことで、様々なサービスが利用できます。
 申請手続きなどに手助けが必要な方は、相談支援事業所などに申し出てください。代行申請や役所などに同行することもできます。



身体障害者手帳 《身体障がいのある方や児童》
身体障害者手帳は、身体に障がいのある方がさまざまなサービスを利用するために必要な手帳です。

交付申請手続き

【交付対象者】 視覚、聴覚、平衡機能、音声機能、言語機能、そしゃく機能、肢体、心臓機能、じん臓機能、呼吸器機能、ぼうこう又は直腸機能、小腸機能、免疫機能に永続する障がいがある方
【障がいの級別】 1級から7級まで (7級単独では交付不可)身体障害者障害程度等級表
【必要書類】
・身体障害者手帳交付申請書
・指定医師の診断書、意見書
・写真(縦4僉濂3僉法歇蠶⊃柔岨から1年以内に撮影したもの
※指定医師については、市福祉事務所・町村障がい福祉担当課でおたずねください。
※交付申請書、診断書・意見書用紙は、市福祉事務所・町村役場にあります。
※15歳未満の児童については、保護者が代わって申請することとなっています。

変更、再認定、再交付申請等の手続き

【等級変更】 障がいの程度が変わったと思われる方は、指定医師の診断書・意見書を添えて再交付の申請をしてください。
【住所・氏名変更】 転居された場合には、速やかに新しい住所地の市福祉事務所又は町村役場に届をしてください。氏名を変更された場合も、届をしてください。
【再認定】 障がいの原因や状態により再認定が必要になる場合があります。
【再交付】 紛失又は破損したときは、写真を添えて再交付の申請をしてください。
【返還】 手帳の交付を受けた方が死亡したとき、又は再認定の結果が非該当になったときは、手帳を添えて返還届を提出してください。
【その他】 身体障害者手帳は他人に譲渡したり、貸与することはできません。



療育手帳 《知的障がいのある方や児童》
療育手帳は、知的障がいのある方が一貫した療育、援護を受け、さまざまなサービスや優遇措置を受けやすくすることを目的としたものです。

交付申請手続き

【交付対象者】 児童相談所(18歳未満)又は知的障害者更生相談所(18歳以上)で知的障がいと判定された方
【必要書類】
・療育手帳交付申請書
・写真(縦4僉濂3僉法歇蠶⊃柔岨から概ね6ヶ月以内に撮影したもの

変更、再判定、再交付申請等の手続き

【住所・氏名変更】 手帳の交付を受けた方又は保護者の住所等に変更があったときは、手帳を添えて、記載内容変更の届をしてください。
【再判定】 手帳の判定の記録欄に次回判定として示された時期に再判定を行いますので、再判定を受けようとするときは、手帳を提示してその旨申し出てください。
【再交付】手帳を紛失又は破損したとき、記載欄に余白がなくなったとき、再判定の結果障がいの程度がAB間で変更になったときは、写真を添えて再交付の申請をしてください。
【返還】 手帳の交付を受けた方が死亡したとき、又は再判定の結果が非該当になったときは、手帳を添えて返還届を提出してください。
【その他】 療育手帳は他人に譲渡したり、貸与することはできません。



精神障害者保健福祉手帳 《精神障がいのある方》
精神障害者保健福祉手帳は、精神障がいのある方がさまざまなサービスや優遇措置を受け、自立と社会参加の促進を図ることを目的としたものです。

交付申請手続き

【交付対象者】 統合失調症、そううつ病、中毒性精神病、てんかんなど精神障がいのある方(知的障がいは含まない)
【有効期間】 2年(2年ごとに更新が必要)
【必要書類】
・障害者手帳申請書
・診断書(初診日から6か月を経過した日以後における精神保健指定医、その他精神障がいの診断又は治療に従事する医師の診断書)
・写真(縦4cm×横3cm)−手帳申請時から1年以内に撮影したもの
<障害年金を受けている人>
・障害者手帳申請書
・障害年金の年金証書、年金裁定通知書及び直近の年金振込通知書又は年金支払通知書の写し
・同意書(社会保険事務所又は共済組合に照会するため)
・写真(縦4cm×横3cm)−手帳申請時から1年以内に撮影したもの
<特別障害給付金を受けている人>
・障害者手帳申請書
・特別障害給付金受給資格者証及び直近の国庫金振込金通知書の写し
・同意書(社会保険事務所又は共済組合に照会するため)
・写真(縦4cm×横3cm)−手帳申請時から1年以内に撮影したもの

変更、再認定、再交付申請等の手続き

【等級変更】 障害年金等の等級が変わった方は年金証書等の写しを、障がいの程度が変わったと思われる方は医師の診断書を添えて申請してください。
【住所・氏名変更】 転居された場合には、速やかに新しい住所地の市町村役場に届をしてください。氏名を変更された場合も、届をしてください。
【再認定】 2年ごとに手続きが必要です。上の表を参照して申請をしてください。(有効期限の3か月前から手続きができます)
【再交付】 紛失又は破損したときは、写真を添えて再交付の申請をしてください。
【返還】 手帳の交付を受けた方が死亡したとき、再認定の結果が非該当になったとき、又は等級が変わって新しい手帳が交付されたときは、手帳を返還してください。
【その他】 精神障害者保健福祉手帳は他人に譲渡したり、貸与することはできません。


copyright 2009 在宅障害者支援ネットワーク上へ